稽留流産手術 記録

妊娠8週で稽留流産の診断が確定し、その4日後に手術を受けてきたので記録しておこうと思います。

*********

14時50分 病院到着。午後の診療時間前だったので、医師たちはまだ誰もいない。御手洗いを済ませておく。

15時すぎ 医師が到着。開院準備。受付で先に会計。術後に飲む抗生剤と胃薬を渡される。
その後少し待って、診察室へ呼ばれ内診、エコーで子宮内を確認後、膣内を消毒。しっかりめにされたようで痛みに近い違和感あり。
続いて、手術室。下着を脱いで、生理用ショーツを看護師さんに渡して(術後に履かせてくれる)、手術台へ上がる。心電図の機械と酸素濃度を測る機械が体に付けられる。麻酔前の筋肉注射を肩に打たれ、そのあとすぐ静脈麻酔の針が刺され、1から順にカウントするよう指示があり、8ぐらいで意識がストンとなくなる。意識がうっすら戻った時には、まだ医師が何か処置をしていた。麻酔がしっかり効いていたのは5~7分くらい?周りの声は何となく聞こえるけど痛みは感じない。その後すぐに医師は部屋を出ていく。終わったようだ。続いて看護師さんたちが下着やナプキンを付けてくれて、開脚していた手術台がフラットになり、そのまま30分くらい横たわったまま。時々、やや重めの生理痛のような痛みがやってくる。その後、車椅子で別の個室へ移動。2時間ぐらいベッドで休んでから帰った。

*********

ちなみにこの日は旦那が付き添ってくれていたので心強かったです。個室で休んでいる時は、ああ、これでもうお腹の中からいなくなっちゃったんだ…とちょっと泣きました。術直後の出血は、生理2日目のやや多目という感じでした。急速に減ってはいきましたが、1~2週間後にドバっと出ることもあるらしいので注意です。