深部静脈血栓症

今週、タイトルの病に罹ってしまった。
始まりはふくらはぎの筋肉痛。
すぐに直ると思いきやだんだん酷くなる一方で、美容院でも「最近ちょーっと運動するとすぐ肉離れ起こすんですよねー」なんつって話してた。
数日経ってもどうにも治まらないから、思い切って整形外科へ行くことにした。
レントゲン異常なしで、エコーをしてる時に先生の顔が一変して、ピル飲んでる!?と尋ねられ、飲んでると答えると、はぁ、そうかー、血栓出来てるよ…って。
とにかくその血栓が肺に飛ぶ可能性があるから、紹介状書くから今すぐ市民病院へ行って!って。
頭パニックになりながら彼氏に迎えに来て貰い、その足で市民病院の救急外来の門を叩き、そのまま入院となった。
1週間の入院を言い渡され、まだまだパニックのまま血栓を溶かすための点滴が始まった。ベット上安静で、トイレ以外動いちゃダメな状態。
翌朝、専門医から治療方針の説明があり、なんと午後には退院していいとのこと。あまりの変わりように、ベッドを空けたいから!?って勘ぐってしまったくらい。
深部静脈血栓は、できてから1週間までなら点滴で溶かすことができるけど、それを過ぎると血管に固定され、点滴は意味がなくなるそうな。
私の場合は発症から1週間が過ぎていたけれど、その話が専門医に伝わっていなかったので、最初1週間の入院で点滴治療という判断になったみたい。続きはまた…