大掃除

今日は半ば無理矢理休みを取って実家に帰り、祖母の家(はなれ)の片づけをひたすら。祖母はなにしろ片づけられない人で、家はものでものであふれてる。掃除もしないからまさにごみ屋敷。それでいて人に掃除されるのをとっても嫌がるから、困り果てた母が、「孫からベッドを贈りたいから置くスペースを確保したい」との大義名分をつけて、片づけることを決意して私を呼んだのです。ベッドは本当に母が注文していて明日届く。何度も家と物置を一輪車で往復して、なんとかベッドは置けそうです。知ってたとはいえ、実際あまりの汚さに言葉をなくしたけど、私も若干その血を受け継いでいる感があるので気をつけたいと思います。食器洗い、ためてからするタイプだし。

読んだ本。

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)


消したい記憶はそこそこあるなー。
あとがきが新井素子さんで、昔読んでおもしろかった「ひとめあなたに…」を思い出した。